2013/01/22SRS-F第3回選抜体験スクール 2日目 1月22日(火)国際南コース

SRS-F第3回選抜体験スクール 2日目 1月22日(火)国際南コース

2日目の体験スクール、残念な事になんと初の雨模様でのスタートとなりました。
とにかく冬場で雨は生徒にとって大変厳しい条件です。
朝の集合時は、予報どおり回復かと思ったものの、すぐにまた強く降り出し、1日のウエット走行が確定してしまいました。
IMG_9969.jpg
準備がしっかりしている生徒さんは、曇り止め用のバイザーに取り替えたり、ウエットスーツをきていましたが、なかなかそこまで気が回るのはごくごく少数、多くは午前中のストップアンドゴーから、ずぶぬれ、コースアウトしようものなら、泥だらけで見るも無残な状況に、しかもこの寒い気温の中、寒さに震えながらの走行となりました。
IMG_0086.jpg

IMG_0094.jpg

IMG_0095.jpg
しかし、練習の一環と考えれば、なかなか無い難しい路面コンディションですから、前向きにとらえて生徒たちは練習に励みつつ、大苦戦、今までに無いほどのコースアウトにスピンの連続。
ドロドロになった車両をキレイに洗い流すのに、一時期は洗車渋滞が起きるほど、このときコースに残っているのは佐藤浩二主任講師のみ、といった厳しい状況でありました。
IMG_0129.jpg
昼食後、午後は気持ちを入れ替えてフリー走行からスタート
雨も上がり、コンディションも右肩あがりによくなり、全員タイムアップ!
IMG_0089.jpg

IMG_0017.jpg

IMG_0104.jpg
ただ、後発組の方が明らかに良い状況で最終的な計測も田中哲也講師の計測でも組によって2秒あまり違う大きな差になりました。
IMG_0060.jpg
今日の状況からすると、初参加の4名はラインも覚えられず、すべるすべる路面で疲れ果て心も折れているようですが、体験スクールはまだまだ第一段階、ココはまだ凹むにははや過ぎです。
IMG_0133.jpg
自分の走行をしっかり振り返って、第2段階のベーシックに進む生徒は、心して準備をしてきてください。
世の中には、速いドライバーなんて沢山います、その中にこれから割って入っていくならそれ相当なりの覚悟とありとあらゆる努力が必要です。
みんな頑張れ。


posted by 鈴鹿サーキット at 2013年01月22日 20:07 | SRS-F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/01/21SRS-F第3回選抜体験スクール 1日目 1月21日(月)STEC

SRS-F第3回選抜体験スクール 1日目 1月21日(月)STEC

鈴鹿サーキットの連休をこえて、始まりました、2013年度SRS-F第3回選抜体験スクール。
今回は初参加の4名を含む8名が参加、第1回、2回と少数での濃いスクールでしたが、通常の人数にもどりました。
今日も免許を持たない3名が早朝からの初心者講習を受講
IMG_9892.jpg
ハンドルさばきから、坂道発進まで、基本操作を約1時間習って、まずまず走行ができるようになったところで
改めて参加者全員そろっての朝ミーティングを行いました。
IMG_9905.jpg
今日は、佐藤浩二主任講師と田中哲也専任講師が指導に入りますが、講師のお二人からは、もう既に3回目の受講している生徒がいます、彼らは既に合格基準を充たしてから受講している生徒たちで、1回目より、2回目、回を追うごとに、間違いなくスキルアップしています。
今回4名の生徒が初受講ですが、4名はこの体験で合格しないと次のステップに進めませんので、その辺りを肝に銘じて無駄の無いように、ベストをつくしてください。
と、厳しいアドバイスもあり、今日の講習を引き受ける2名のインストラクターからは、今日の1日を無駄のないように、可能な限り、講師や自分たちインストラクターを十二分に活用してください。とのアドバイスがありました。
IMG_9910.jpg
走行前には、軽く準備体操。
声を出して、といわれていますが、か細い声だけで、ほとんど聞こえてこず・・・・
IMG_9913.jpg

IMG_9920.jpg
ただ、走行が始まるとなかなかみんな積極的に、講師やインストラクター質問をなげかけたり、同乗を依頼したり取り組んでいました。
IMG_9936.jpg

IMG_9941.jpg
ヒールアンドトウの練習では、市販車に四苦八苦している姿も見れましたが、全員なんとか練習を終え、午前中最後は、スラロームでのタイム計測
思ったようにタイムが上がらず、あからさまに悔しさを出してくる生徒も久しぶりに見ましたが、車は乗ってなんぼの世界ですから、彼は、明らかに走行量が少なすぎでまだまだこれからでしょう。
ここでは、体験2回目の生徒がひさしぶりに見る速いタイムを計測、コツをつかんだらしく他7名とは大差をつけたタイムで終始走行、パイロンギリギリのところの絶妙なラインをリアタイヤが通るのは久しぶりに見る圧巻の走りでした。
残念なことにそこからはサスガにタイムアップは出来ず、歴代記録にはおよばず終了。
IMG_9958.jpg
昼食をはさんで、午後からはスキットパット練習。
ここでも「ベテランさん」と言われる2回以上受講経験がある生徒が、まずまず、今日は佐藤浩二主任講師も、活気のあるスクールのせいか、普段以上に無線でひとりひとりにみっちり指導をしていました。
IMG_9961.jpg

IMG_9968.jpg
明日は、フォーミュラエンジョイでの走行です。
初参加の4名の健闘が楽しみです。
posted by 鈴鹿サーキット at 2013年01月21日 18:22 | SRS-F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/01/12SRS-F第2回選抜体験スクール 2日目 1月11日(金)国際南コース

SRS-F第2回選抜体験スクール 2日目 1月11日(金)国際南コース

2日目の第2回体験スクール、まずは軽く国際南コースをランニングしながら講師2名が使用する車両で、見本走行を行います。
講師は佐藤浩二主任講師と急遽指導をお願いした、山西康司講師が昨日から指導にあたっています。
見ていると、とても普段から走っているようには見えないランニングフォームの生徒ばかり、このままアドバンスを目指していけるとは到底思えません。
IMG_9950.jpg
カートは乗れても、フォーミュラは体力と心肺能力が不可欠ですからいますぐトレーニングを始めてほしいと思います。

車両の説明後は、早速走行開始。
IMG_9956.jpg
昨日もですが、少数参加になった今年の体験スクール、逆を言えば参加者にとっては、コース上も台数が少ない、講師にはいつでも質問にいける、好条件がそろいぶみの充実したスクールになっています。
IMG_9969.jpg

IMG_9975.jpg
今回の生徒たちも、そのラッキーな状態を有効活用、全員どんどん課題を消化し、明らかに進歩しています。
立て続けに受講している生徒は特に成果が現れとても良い回になりました。
若干のスピンはありましたが、全員講師の教えをよく聞いて、車両を破損することもなく、真面目に講師にも可能な限り質問して、貪欲な姿勢もあちらこちらで見受けられました。
IMG_9997.jpg

IMG_9982.jpg
また、急遽来場した、山西講師はSRS-F初代卒業生としてしっかり後輩の指導をしてくれ、休みなしに先導と追尾走行をひとりずつ行い、また計測になれば山西講師の実力発揮、速さを存分に生徒たちに披露。
少し操作もできるようになり、合格ラインのタイムまであがってきた生徒にも、ほぼ体験スクールでの歴代記録に近いタイムで、ずっと周回し続け、それをみせられた生徒たちは、まだまだ自分たちは足りてないというところをしっかり見せてくれたので、それもよい効果があったと思います。
IMG_0010.jpg

IMG_0016.jpg
充実した内容と、まずまず生徒たちの頑張りに佐藤浩二主任講師もいつものように細かなアドバイスをひとりひとり生徒にしながら、「なかなかいいスクールだった」と笑顔で〆られました。
IMG_0035.jpg
第2回の体験スクールを終えて、SRS-Fの第2段階ベーシックスクールへ挑戦できる生徒たちも固まりつつあります。
IMG_0116.jpg
先を目指している生徒の皆さんは、アドバンス受講にむけて、出来ることは全てやって準備をしっかりしてください。


posted by 鈴鹿サーキット at 2013年01月12日 12:32 | SRS-F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。