2012/12/22SRS-Kスクール 1日目 12月21日 国際南コース

SRS-Kスクール 1日目 12月21日 国際南コース

SRS-K最終スクールも初日をむかえました。
13名全員元気に、と言いたいところですが・・・残念なことに体調不良で2名欠席
11名で最終スクールに望みます。
SRS-Kの集合時間は本人まかせ、自分の準備内容で間に合う時間に来て作業をする、これが基本です。
あらかた整備が出来たところで、城内先生指導の下柔軟体操開始です。
IMG_9915.jpg
柔軟といいながら、これが以外とハード!
体育会系の部活に所属している生徒は、まずまずついていますが、腕立てなどはほとんどの生徒が途中ギブアップ、いえ、まともに出来ない生徒もいるので驚きます。
生徒がアップアップしている最中、城内講師は話をしながらまったくスピードを落とさず、ガンガン進めていきます、やはりトップドライバーは凄いなと思わせる一面です。
IMG_9956.jpg
今回の講師は、津田講師、城内講師、中野講師、道上講師、が今日から指導にあたり、
城内講師と中野講師が生徒と一緒に走行を行いました。
IMG_9931.jpg

IMG_9935.jpg

IMG_9940.jpg
ところが走り始め、走行準備がととのって走り始めたのが若干名、さらにコースインしたもののなんと相変わらずの整備不良で、タイヤが取れるなどのハプニング。
これには、2012年のスクールで何度も何度も注意をうけているにもかかわらず、最後も?と講師の皆さんもいささか呆れ顔でした。
IMG_0011.jpg
走行は午前と午後、それぞれタイム計測とセット走行を行い。
スクールでも上位タイムを出している生徒が、中野講師や城内講師とガチンコ勝負をしていました。
その次には、先日公式戦デビューを果たした生徒や、2年目の継続生が続き、今まで上位に上がってくることが無かった生徒の顔ぶれが見えます。
IMG_0065.jpg
これはこれは、残り2日間が楽しみになってきました。
セット走行の結果は?といえば、中野講師の圧勝でしたが、生徒も何度も惜しい場面がありました。
IMG_0053.jpg

IMG_9948.jpg
走行後のミーティングでは、各講師から最終スクールをむかえて、とても厳しい指導がありました。
たとえば、今朝のトラブルメンテナンスの件、何故あれだけ言われているのにこういったことがあるのか?んなど、また最後になってもまだまだまだ全然貪欲さが見られない、もっと果敢にかかってきてもいいし、もっと必死になってもいいはず!と熱く最後の指導をする姿がありました。
IMG_0162.jpg
もうこんな有難い話を聞けるのもあとわずかです、生徒の心に響いたことを願います。

posted by 鈴鹿サーキット at 2012年12月22日 18:17 | SRS-K | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/11/12SRS-Kスクール2日目 11月11日(日) 国際南コース

SRS-Kスクール2日目 11月11日(日) 国際南コース

多少の雨ではなんら問題なく走行できるSRS-K
SRS-Kの生徒たちは、朝集合後、自分たちの用カートの走行準備から開始します。
エンジンをのせ、ラジエーター、エンジンオイルを入れたり、細かなセッティングを入れるとやることは山積みです。
今年入校した一年生も、シーズン後半のこの時期、もうさすがにほとんどの生徒が一人で何でも出来るようになってきて、頼もしいものです。
とはいえ、走行時間3分前に準備が終わってピット出口で待ち構えているのは5名ほど?なかなかそこまでの余裕はありませんが、それでも随分準備が早くなったものです。
メカニック講師からは、あともうちょっとなのに・・・とのお声も聞こえます。
IMG_8317.jpg
車両の準備が終わったところで、全員で柔軟体操、そして走行前のミーティングです。
IMG_8330.jpg
昨日は、すてきな空色だったのに、今日はどんより曇り空、昨日とはまったく違う場所のようです。
今日は昨日に引き続き、お誕生日の安田講師と生徒より元気いっぱい城内講師が生徒たちと一緒に走行してくださいます。
IMG_8337.jpg
午前中1回のフリー走行後は、タイムトライアルとセット走行の実践練習。
曇りから、雨が降り出し、昨日に比べると見た目もですが、路面コンディションがまったく違うはず、この状況化でいかに沢山の事を発見できるか?
IMG_8351.jpg

IMG_8353.jpg
そこが、伸びしろのひとつでもあるはずです。
今日の走行も圧巻の走りの講師2名、特に安田講師はなかなか生徒たちについづいを許しません。
IMG_8361.jpg
それでも、話をきくとここはついていけないが、こうすればいけるかも?と生徒も生徒なりに今まで学んだことをフル回転で、脳みそ使ってアイディアをバンバンだしてきています。
そんな発言が聞けると、「お〜もっと頑張れ、講師に割って入れ!」と応援したくなります。
IMG_8378.jpg
ところが、午後になって、どんどん雨風は酷くなるばかり、台風ばりの強風も吹き荒れるようになってしまいました。
そして雨量とともに、コースのあちらこちらで水溜り・川が、これはさすがのカートもまともに走れたものではありません。
午後もタイムトライアルとともに、セット走行を行って2日目のスケジュールを終える予定でしたが、走行講師の意見もあり、最後はフリー走行で終えました。
講師の皆さんが、コース奥は水深がふかくて酷い状況というもので、撮影にいったところご覧の状態。
IMG_8446.jpg

IMG_8460.jpg
生徒はあちらこちらでマシンコントロールを失い、くるくる回っていましたが、さすが2名の講師は上手くコントロールして、深い水溜りも、勢いつく川など数々の障害物を難なくクリア
IMG_8462.jpg

IMG_8468.jpg
走行する前も、カッパの首から水が入らないように自作でエリマキを作成するなど、見ていると数々の学ぶことがたくさんです。
IMG_8435.jpg
そしてようやく走行終了、パンツまでびしょびしょの生徒と講師たちでしたが、最後のミーティングでは、昨日も注意を受けたあごひも忘れが残念ながら、今日も1名あったことが報告され、改めて講師の皆さんからも指導、取り組み面についても何点か注意がありました。
IMG_8493.jpg
走行については、こんな時だからこそ学ぶことは沢山、自分も何十年もカート乗ってるけど今日だって、ここはこうした方がいいな、この方が早く立ち上がれるな、といろんな発見があったので、まだまだ経験の浅い皆さんはもっともっと学ぶことが多いはず、こういうチャンスを生かして自分の引き出しを増やしてほしいといった、いいお話もありました。
SRS-Kの生徒たちも風邪を引いてないか?悪化させてないか?
心配ですが、次回2012年スクール最終回、13人全員の生徒が元気にそろってくれるのを楽しみにしています。
posted by 鈴鹿サーキット at 2012年11月12日 14:57 | SRS-K | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/11/11SRS-K スクール1日目 11月10日(土)国際南コース

SRS-K スクール1日目 11月10日(土)国際南コース

本日は快晴
SRS-Kのスクール初日が始まりました。
早いもので、11月のこのスクールが終わると残り1回となり、自分自身の集大成の最終調整をするにはこの2日間ががんばりどきです。
IMG_7967.jpg

IMG_7983.jpg
講師は、豪華に城内講師、津田講師、道上講師、安田講師、西嶋講師の5名体制
初日は、道上講師と安田講師の現役ドライバー2名が生徒と一緒に走行を行います。
SRS-Kも生徒全員で柔軟体操、そしてミーティングを行います。
ミーティングでは、道上講師も安田講師もスクール来場はお久しぶりで、朝のミーティングでは生徒みんなの成長ぶりを見るのが楽しみといった発言もありました。
IMG_7992.jpg

IMG_8042.jpg
また、ホワイトボードに担当者から「あごひもを忘れないように!」と大きく注意書きが書いてあります。
2012年のスクールがまもなく終わるという時期に、今更?と不思議に思いましたが、基本装備がまだ出来ない生徒がいるようです。
これには驚きました。何故安全装具をきちんと身につけて走行するのか?ヘルメットを被るのは何故?また被っただけであごひもをしめてなければ、ヘルメットを被っている意味もなさないことは、もう生徒全員が承知していることと思っていました。
自分の身を守るのは自分ということを改めてしっかり考えてほしいと思う、場面でした。

SRS-Kは実践型の練習方法にスイッチしており、今日も午前中フリー走行の後は、タイムトライアル、そしてセット走行でのスタート練習や走行練習を主にカリキュラムを進めました。
しかしながら、講師のお二人の速さが際立ち、なかなか講師に歯が立たないといった生徒たちの悔しい声が多かったです。
IMG_8048.jpg

IMG_8052.jpg
それでも、今回目立って見えたのが、公式レースにオフィシャルで参戦している継続生たちに交って、今年入校の一年生が数人トップ争いに割って入ってくるようになりました。
午後のタイムトライアルでもなかなかのタイムを出して、本日最後のセット走行でも継続生となかなかの攻防の末、前でチェッカーを受けるなど、見ごたえのある走行を見せてくれました。
IMG_8157.jpg

IMG_8093.jpg

IMG_8139.jpg

IMG_8148.jpg
とは言え、講師2名ははるかかなた前を走行しチェッカー、まだまだなかなかトップドライバーに追いつくのは厳しい状況です。
posted by 鈴鹿サーキット at 2012年11月11日 14:45 | SRS-K | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。