2012/11/06Fニッポン最終戦シリーズチャンピオンはSRS-K卒業生中嶋一貴選手

Fニッポン最終戦シリーズチャンピオンはSRS-K卒業生中嶋一貴選手 11月4日

AN4F3168.jpg
日曜日午後行われた、Fニッポン最終戦Race2
ここでいよいよシリーズチャンピオン争いが決着!
周囲の期待は、Race1を終えてランキングトップの伊沢拓也選手と塚越広大選手、そして他3名の選手に権利があり、5名のドライバーでのガチンコ勝負となりました。
レーススタート、予選2番手スタートの塚越広大選手が気合のスタートを見せましたが、厳しいブロックをうけて2番手のままレーススタート。
そこに優勝争いの一人、中嶋一貴選手が9番手から激しいモーチャージで優勝争いに参加
なかなかペースがあがらない他のドライバーを尻目に、ピットストップで見事なトップ浮上、そのままチェッカーを受け、なんと大、大逆転でシリーズチャンピオンに!!!
AN4F2842.jpg
Race1こそノーポイントで終わった中嶋一貴選手だけに、まさかまさかの逆転劇に周囲は多いに沸き、表彰式では喜び爆発させていました。
AN4F2987.jpg
中嶋一貴選手も全日本選手権フォーミュラでのタイトルは初!
惜しくも、塚越広大選手はRace2で3位表彰台を獲得するも、わすが2ポイント差でランキング2位、伊沢拓也選手はランキング3位、しかしながら、1年を通して常にトップ争いをした2名の活躍もあり、2人が所属するチームがチーム部門での年間タイトルを獲得しました。
AN4F3091.jpg
個人タイトルを逃し、悔しい想いでいっぱいでしょうが、来年こそ悲願のドライバータイトルを獲得できるようにまた更に強く、速くなってもらいたいですね!
DSC_5690.jpg
これでFニッポンの2012年のシーズンを終了。
まずは中嶋一貴選手、シリーズチャンピオンおめでとうございます。

posted by 鈴鹿サーキット at 2012年11月06日 13:53 | SRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。