2012/12/08NGK杯鈴鹿サンデーロードレース 12月8日(土)予選

NGK杯鈴鹿サンデーロードレース 12月8日(土)予選

2012年度公式戦としては恐らく最後となるでしょう、伝統の第48回NGK杯鈴鹿サンデーロードレース。
昨日は、とても寒い中、路面温度がとても低くてタイヤがまったくグリップしません。といわれる中、午前中と午後スポーツ走行が行われました。
学校の授業があるライダーの顔はありませんでしたが、午前中だけ授業に参加してから、午後の走行に滑り込みセーフで参加するライダーもいました。
地方選ではありますが、多くの全日本ロードレースに参戦しているライダーもエントリーしていますし、今回は元世界選手権ライダーが3名もエントリーするという、レベルの高い鈴鹿サンデーロードレースです。
SRS−Jもアドバンスの生徒が2名参戦、レギュラー参戦している佐野勝人くんは、今回4ストエンジンを持ち込み、シーズンずっと厳しい戦いを強いられてきたところのモチベーションアップ。
ストレートであっさり他のライダーたちにごぼう抜きされていた屈辱も無くなり、気分すっきり笑顔も見られます。
初公式レース参戦の榎戸育寛くん、先週のスポーツ走行時に転倒でいためた左手がまだ痛むようですが、そんな事は言ってられません。
ベストタイムを狙って、細かな調整を行っていました。
IMG_9841.jpg
今日行われた、予選
昨日ほどの極寒は免れたものの、朝一番目の走行でしたが、台風ばりの強風に見舞われ、ライダーたちは大苦戦、今回もSRS−Jは現役アドバンス生のほかにも卒業生がなんと6名もこのクラスに参加。
IMG_9844.jpg
その中には今年世界選手権を全戦無事に走りきった、藤井謙汰選手の姿や、第5戦にスポット参戦、土曜日にいきなりきて1年以上ぶりに鈴鹿を走り、あっさりクラス2位に入った林田勇成選手の姿もありますし、現役生徒と同じく初フルコース公式戦デビューの古澤幸也選手の姿も昨日からみています。
IMG_9846.jpg

IMG_9847.jpg
一斉にコースインして、それぞれベストタイムと順位のジャンプアップを図りますが、序盤林田勇成選手は、前を走るライダーの急な減速に接触してしまい、転倒リタイヤ、しっかりアタックする前に戦線離脱してしまう残念な結果、ただ、決勝は明日、ほぼ最後尾からの追い上げになりますが頑張って挽回してもらいましょう。
IMG_9902.jpg
結果、世界選手権ライダー対決としてはベテランライダーがコースレコードでポールポジション、健闘しましたが、藤井謙汰選手は2位、ただお二人ともサスガの走りで最終ラップにベストタイムでキレイにまとめています。
IMG_9825.jpg
新規4スト車両導入の佐野勝人くんは4番手
IMG_9866.jpg
卒業生の大内田拓選手は5番手
IMG_9892.jpg
公式レース初参戦の榎戸育寛くんは16番手
IMG_9871.jpg
同じく卒業生大澤恒貴選手は22番手
古澤幸也選手25番手
IMG_9855.jpg
亀井駿選手28番手
33番手に林田勇成選手の順となっています。
IMG_9860.jpg
明日の決勝はJ-GP3クラスは朝8時30分レーススタートです。

またST600NATクラスに参戦中の卒業生、佐藤太紀選手はコースレコードには届かなかったものの、予選終始安定した走りで予選中ベストタイムを刻み、ポールポジションを獲得。
場内インタビューでは、明日こそコースレコードで優勝と宣言していました。
IMG_9915.jpg
佐藤太紀選手のST600NATは11時10分決勝レーススタートです。
posted by 鈴鹿サーキット at 2012年12月08日 14:17 | SRS-J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。