2012/10/22SRS-Jスクール2日目 10月21日(日) 国際南コース

SRS-Jスクール2日目 10月21日(日) 国際南コース

SRS-Jスクール2日目
朝は国際南コースランニング1周からスタートです。
計測ではないので、ゆっくりとしたペースですが、普段からちゃんと走っているのが見て取れる生徒が増えてきました。
IMG_5908.jpg
ミーティングでは、昨日も言われていましたが、ベストタイムを目指そう、そしてベストタイムが出たらもう1周同じペースで走ることを心がけよう、そうすることによって自分の今一番良いタイムではしった感覚を体で覚えるのだから、おっベストタイムだと喜ぶのではなくそこを心がけてといった指導が引き続きありました。
柔軟体操の後は昨日の走行についての反省や覚えたことなど、生徒がそれぞれスクールのノートに書いて講師から個別に指導を受けます。
IMG_5941.jpg
ようやく走行準備に入り、コースイン
昨日から、雰囲気は上々!
IMG_6057.jpg
集中度が高いのか、昨日と今日はさほど転倒者も出ずに、みんなベストタイムを狙って、黙々と走行していました。
IMG_6122.jpg
そのよい雰囲気とともに、伸びしろは差がありますが、少しずつでもタイムを縮めてくる生徒がちらほら出てきています。
昼食後は、最後のお試しフリー走行でいろいろと可能性を試していましたが、その後は計測走行。
IMG_5996.jpg

IMG_6001.jpg
その計測タイムにグリッドに並んで、昨日に続いてセット走行を行いました。
講師や講師補助の卒業生は、計測は関係なくグリッドはいつも後ろになりますが、シグナルが青になったとたん、2コーナーを抜けるころには、あっという間に生徒をごぼう抜きして前にでてくる講師陣、体重差もあるのにさすがの腕の見せ所です。
IMG_6067.jpg

IMG_6099.jpg
今日は、講師補助も講師と一緒にに一揆に前にロケットスタート!
生徒たちはあっという間に抜き去られていました。
それでも、グリッド前でしっかりスタートを決めた数名は抜かれまいと必死の走行。
IMG_6091.jpg
昨日よりは、抵抗できた感はありましたが、結局計測走行では、計測1番の生徒よりもコンマ2か3ほど差があるはずの野田講師が、昨日に続いて絶好調、数週最終コーナーでラインをきちっとインでとり、一番手を走る生徒をさしますが、ストレートは体重差で前に行かれるといった攻防を繰り返していましたが、結局同じことは繰り返さず、上手くさしてそのまま独走、最後はガッツポーズまででる貫禄勝ちでした。
IMG_6111.jpg
後方では、菊池講師と佐野優人講師補助が攻防を繰り返していましたが、ここもやはり菊池講師の競り勝ち。
IMG_6103.jpg
この戦いは、是非週末MFJGPで佐野優人講師補助にリベンジしていただきたいと思います。
今年はまだまだ、講師が上手です。
例年ならそろそろ講師とデッドヒートが観られているはずのスクール後半
来月には、生徒が一丸どどどーんと前に並んでチェッカーを受けてほしいものです。
IMG_6137.jpg

IMG_6140.jpg

IMG_6141.jpg
11月がいろいろ試せる最後のチャンス。
それが終われば、2012年度のスクールも最終回になります。

posted by 鈴鹿サーキット at 2012年10月22日 19:14 | SRS-J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/10/21SRS-J秋のショートレッスン 10月20日(土)

SRS-J秋のショートレッスン 10月20日(土) 国際南コース

今日は通常のスクールの後、春と秋と2回開催しているSRS-Jのショートレッスンを開催しました。
IMG_5596.jpg
今回、2輪月刊誌の「ライディングスポーツ」様「モトチャンプ」様のご協力により参加者を募り、遠くは東の埼玉県から西は兵庫県の参加者がそれぞれ自分たちのバイクを持って7名来場されました。
講師はスクールから引き続き、菊池講師と野田講師、また補佐として卒業生の全日本J-GP3ライダー山本剛大と佐野優人が走行のお手伝いをしました。
IMG_5605.jpg
まずは、全員そろって挨拶、そして講師から概要説明、注意事項を受けましたが、7名の参加者は初めての講師と環境もあり、少し緊張気味、講師からの「解かりましたか?」「いいですね?」の問い合わせにも聞こえるか聞こえないかの返事、それには菊池講師から「声が小さい!」と早速指導。
何度か練習して、まずは参加者全員大きな声ではっきりと返事が出来るようになりました。
IMG_5615.jpg

IMG_5620.jpg
その後、スクール同様準備体操、走行準備の後、グループ分けをしていざ走行スタートです。
各講師が先導そして補佐が後ろから追尾走行をしての走行ラップを重ね、何ラップかした後に一度ピットに戻り、個別に指導を受けていました。
IMG_5633.jpg

IMG_5673.jpg

IMG_5738.jpg

IMG_5761.jpg

IMG_5772.jpg

IMG_5806.jpg
走り始めこそ、初めての国際南コースということもあり、おっかなびっくり?走行ラインも解からず、みんなバラバラでしたが、講師の走りで少しずつ学び個別に指導を受けることによって、レッスンの最後には全員ずいぶん修正できて、まずまず走行できるようになりました。

予定の走行時間は1時間でしたが、SRS-J講師の熱意もあり、参加者の7名も疲れも見せずについてきて、予定時間を大幅にオーバーしてのレッスン終了となりました。
IMG_5848.jpg
走行後も、具体的な質問をしたりする参加者もいて、講師もそれに答え、あたりは暗くなっても熱心なアドバイスが続き、充実した内容だったのではないでしょうか?
IMG_5875.jpg
参加された皆さんも、「楽しかった」という声もあり、「こんな広いところで走ったのは初めて」と笑顔で帰宅されました。
参加いただいた皆様ご来場ありがとうございました。
posted by 鈴鹿サーキット at 2012年10月21日 17:58 | SRS-J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/10/21SRS-Kスクール1日目 10月20日 国際南コース

SRS-Kスクール1日目 10月20日 国際南コース

晴天に恵まれたSRS-Kのスクール1日目
生徒たちは朝自宅などから集合、今年入校した一年生もますます元気です。
柔軟体操の後に簡単なミーティング、講師から走行に関する注意を受けます。
IMG_5488.jpg

IMG_5495.jpg
カートはまず自分たちのカートのメンテナンスから始めますが、作業も手際がよくなりどんどん早くなってきていて、1番の走行にもほとんど全員シグナル前に集合できるようになってきました。
IMG_5476.jpg
午前中に一度、フリー、計測、10ラップ走行を行い、グループ別に担当講師から指導を受けて、またフリー走行を2本、昼食後に16ラップ走行を行うといった流れで1日目はカリキュラムが組まれていました。
グループ分けをしてからは、走行が終わる度に、自分の担当の講師や専門のメカニックにそれぞれ個別に質問をしにいく姿が、特に一年生からも積極的に行われるようになり、それとともに序々にですがベストタイムが伸びている生徒も見受けられます。
IMG_5498.jpg

IMG_5510.jpg
また、公式戦に出ている生徒の中に一年生も割って入ってくるようになり、成長いちじるしく楽しみな一面も見せてくれています。
IMG_5516.jpg

IMG_5527.jpg
今回の走行講師は、松浦祐亮講師とSRS-Kの卒業生でもある宮田講師が生徒と一緒に走行しましたが、講師のお二人も元々日本でも海外でもレース経験豊かなトップドライバーですから、いろいろな技を披露してくれ公式戦にでている生徒もなかなか太刀打ちできず、セット走行中でも後ろにピッタリつけられて最後に前に出られるといった感じ、講師のお二人からするとまだまだ足元にも及ばないといった感じで、今日は一日、生徒たちはあしらわれていました。

IMG_5544.jpg

IMG_5546.jpg
明日は少し、くらいついていくところが見れるでしょうか?

posted by 鈴鹿サーキット at 2012年10月21日 15:14 | SRS-K | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。