2012/09/12SRS-F第1回スカラシップ選考会 9月11日 

SRS-F第1回スカラシップ選考会 1日目 9月11日

7月に2012年度SRS-Fアドバンスの修了式を行ってから約2ヶ月、SRS-Fの最終段階、第1回目のスカラシップ選考会初日を迎えました。
スカラシップ選考会は、選出された5名と昨年までにSRS-Fのスカラシップを獲得し2012年度FCJへレギュラー参戦している3名が加わり8名で走行します。
ある意味、FCJレギュラー陣も選考されるであろう、選考会になりますので全員気を引き締めてきています。
今回も朝からどんより曇り空、かろうじて朝のランニングはお天気が持ってくれました。
20120911 008.jpg
今年選考会の5名はゆっくりのペースでフルコースをしっかりと走りきりました。ですが気温はさほど無いのに湿度が高くて全員お風呂にでも入ったかのように汗でびっしょりになって帰ってきました。
朝食終了後、走行前のミーティングを行い、今回初めて顔を合わすメンバーですので、一人一人全員にむかって自己紹介をしました。
20120911 032.jpg
当然ながら、選考会の5名は「スカラシップをとるつもりで来ました!」と口々に決意を語り
有言実行となるのは誰か、楽しみです。
FCJの先輩たちも一人ずつ選考会への意気込みをのべましたが、彼らも後輩にも負けられないですし、実戦前の3人での戦いでもあります。
20120911 206.jpg

20120911 220.jpg
初回の講師は、佐藤浩二主任講師、田中講師、武藤講師、塚越講師の4名で、生徒と一緒に走行するのは武藤講師と塚越講師、彼らも講師としてのプライドもあり、現役トップドライバーの意地もありますし、
スカラシップ選考会は毎年レベルの高い中で、ガチンコ勝負となりますのでなかなか見ごたえがあります。
20120911 038.jpg

20120911 039.jpg

20120911 055.jpg

ミーティング後 午前中はフリー走行を中心にカリキュラムを進め、フリー走行中は各講師が1ステイント1名の候補生にピッタリついて先導走行をするといった、候補生にとっては願ったりかなったりの手厚い環境です。ここで良いところを見つけ、悪いところを指導してもらい修正する絶好のチャンス。
お二人の走行講師は、自分たちの走行以外で先導のスケジュールがビッチリなのにちょっとビックリの様子でしたが、忙しくしながらも全ステイント(全員)対応してくれました。
候補生にとってはありがたいことで、それぞれ走行が終わると個別に指導をしてもらいました。
20120911 127.jpg

20120911 121.jpg

20120911 096.jpg

20120911 090.jpg

今日は朝から怪しい天気で午前中も時折、パラパラ雨が降ったりして微妙な状態でしたが、午前中の終わりになって、突然の豪雨そして雷が鳴り響きだしました。
丁度走行が終わった後で、難なく昼食となりましたが、おかげで路面コンディションは一揆にウエットに変わってしまい、雨は短時間で上がったもののかなりの雨量だったために、結局午後の走行も路面が乾くことなく、やむなくレインタイヤで計測走行スタートしました。
20120911 159.jpg

2本の計測走行を終えて、随分と乾いてきたものの、折角レインタイヤでコンディションが変わる状況での走行をしているところだし、ドライの状態でレインタイヤを履き続けて走行するいい経験にもなるのでは?
といった判断もあり、そのまま17周のセット走行を走ることになりました。
20120911 157.jpg
計測走行では、現役トップドライバーとFCJドライバーのタイムの削り合い、難しい状況でタイヤの使い方も考えながらですので、候補生にはやや難しい課題だったようです。
セット走行も候補生の中には、わざと水がある場所にラインを変えて走行したりと色々工夫をしながら走行をしているようでしたが、やはり速さとしては現役ドライバーに歩があったようです。
走行後、各講師から具体的なアドバイスもありましたが、今日のようにレインタイヤでの走行で車の挙動などがじっくり理解できたのでは?折角こんな機会をもらったのだから、この走行からも学ぶべきことが多かったと思うので、これをまた生かしてほしい。といったお話もありました。

走行後は、清掃、レギュレーション講習、そして英会話と今日もスタートから12時間コース、全員相当疲れたのではないかと思います。
20120911 275.jpg
最後の英会話は、昨年までは寝るのを我慢するのに必死!といった状況だった現役FCJドライバーの3人が、英語の重要性を理解したのか、とても積極的に質問や回答をしていたのにあまりの変わりようにビックリでした。
候補生も走行だけでなく、このような態度も是非先輩を見習ってください。
posted by 鈴鹿サーキット at 2012年09月12日 18:18 | SRS-F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。