2012/09/24FCJ第8戦、第9戦に2012年スカラシップ候補生高橋翼がスポット参戦!

FCJ第8戦、第9戦に2012年スカラシップ候補生高橋翼がスポット参戦!

前戦より試みている、SRS-F候補生のFCJスポット参戦!
今回は、高橋翼選手が来月メインイベント、Formula1のサポートレースの第8戦、9戦にスポット参戦いたします。
201207017 124.jpg
ホームコースの鈴鹿サーキットとはいえ、レギュラードライバーの先輩たちに比べると、圧倒的にFCJの車両での走行が少なく、ぶっつけ本番の参戦ですが、背負わず、気負わず、よい勉強をしてもらえるようにサポートしたいと思います。
201207018 203.jpg

Formula1ご観戦のお客様も、この青いヘルメットの高橋翼選手に暖かいエールをお願いします。201206026 136.jpg
posted by 鈴鹿サーキット at 2012年09月24日 18:16 | SRS-F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/09/24Fニッポン第6戦伊沢拓也選手初優勝!塚越広大選手2位獲得!!

Fニッポン 第6戦 伊沢拓也選手初優勝!塚越広大選手2位獲得!!

フォーミュラ・ニッポン第6戦スポーツランド菅生 決勝 9月23日(日)
Fニッポンもシリーズ終盤戦、昨日決勝が行われたスポーツランド菅生での第6戦
前日の予選でポールポジションを獲得した、SRS-F卒業生の伊沢拓也選手が参戦5年目にして悲願の初優勝を遂げました!!
fn120923002H.jpg
Honda若手ドライバーの中でも、速さに定評がある伊沢選手ですがなかなか結果に結びつかず、悔しい想いもたくさんしてきてようやくつかんだ、初優勝!
うれしさ、喜び、そして何よりもホッとしたのではないでしょうか?
そして、シリーズチャンピオンシップも6ポイント差の4位に浮上しました。
伊沢拓也選手、初優勝おめでとうございます!
fn120923008H.jpg
また、チームメートである、SRS-F卒業生塚越広大選手は予選2番手からスタート、何度も伊沢選手の背後からオーバーテイクを試みますが、激しい雨が降り続き、フォーミュラカーの宿命前がまったく見えない状況で苦戦を強いられ、最後は伊沢選手に差を広げられてのうれしいけど悔しい2位となりました。
それでも普段から仲のいいお二人、塚越選手は先輩の初優勝を心から祝福していました。
fn120923022H.jpg
塚越選手はこれでランキングを1つあげて、1ポイント差の2位に浮上。(1位はSRS-K卒業生の中嶋一貴選手)最終戦は、ホームコースでもある鈴鹿サーキットで11月に開催します。
とにかく勝った選手がチャンピオン!という大変楽しみな状況、松田次生選手以来のSRS-F卒業生が悲願のチャンピオンになるか?
期待して応援したいと思います。
posted by 鈴鹿サーキット at 2012年09月24日 17:44 | SRS-F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/09/24Kart Race in Suzuka Rd6 予選&決勝

Kart Race in Suzuka Rd6 予選&決勝 9月23日(日)

国際南コースでは、早朝からカートレース第6戦の予選・予選ヒートがおこなれ、昨日の学校行事を終わらせて駆けつけた、柿本くん含めてSRS-K生徒5名がそろっていどみました。
昨日とはうってかわって、結構な雨量の雨となったこの日
毎度のことですが、スクールでいろんな悪条件での走行を数多くこなしている生徒たちは、逆にコンディションが悪い方が喜びます。
20120922-23 165.jpg
スクール生は通常スクールで使用しているカート&エンジンをそのまま使用しますが、公式戦に挑んでくる参加者のほとんどがすべてレース用でそろえてきていますので、物のせいにしてはいけませんがなかなか太刀打ちするのは難しく、専任講師の皆さんもよくこのスクールカーでがんばっていると思うよ。ただ優勝はできなくても成績が残せるはずなのに、なぜかそれがおさえられないのが疑問なんだけどね・・・とよく言われています。
20120922-23 192.jpg

20120922-23 194.jpg
まずは、予選走行が行われて2年目の磯部くんがベストリザルトの3位の結果、以下齊藤くん8位、柿本くん10位、伏屋くん16位、高橋くん18位の順で予選ヒートを走り、午前中最後におこなれた、予選ヒートでは、磯部くん5位、柿本くん9位、伏屋くん20位、高橋くん24位、齊藤くんは25位、この順位で午後の決勝を戦います。

午前中の走りを終えて、SRS-Kチームでは作戦会議、
生徒によっては、来年受験を控えているためにレース活動は今回で一旦お休みと考えているようですし、最終戦ですから、それぞれベストをつくしてベストリザルトを狙いたいところです。
20120922-23 214.jpg

20120922-23 216.jpg
ところが、残念なことに天候は好転し、路面コンディションはみるみるよくなり、SRS-Kにとっては不利な条件がそろってしまいました。
それでも、そんなことは言ってはいられません、全員万全の準備をして、決勝グリッドに並びました。
正直、黄金時代を知らないので、今年は公式レースで着実にポイント圏内での争いをしている生徒たちが頼もしいですし、今日のように波いる競合の中、ずいぶん前のグリッドに並んでいるのにうれしい限りです。
20120922-23 222.jpg

20120922-23 231.jpg
レースがスタートし、ローリングスタートをきりました、残念ながらベストリザルトで決勝をむかえた生徒たちは、スタートの混乱で一度大きく後退してしまい、その後追い上げを強いられることに、逆に予選ヒートで接触大きく順位を落としてずいぶん、後ろからスタートした生徒はうまい具合に前にでれた状態でポイント圏内を3名の生徒同士で攻防することになりました。
20120922-23 244.jpg

20120922-23 246.jpg

20120922-23 249.jpg

20120922-23 251.jpg
それぞれがずいぶん気合をいれていたレースだけに、不本意な順位でチェッカーを受けましたが、初参戦の2名も含み、ベストを尽くして望んだのでよい勉強になったのではないでしょうか?
J-RMCクラスの公式戦は、終了となりましたが、スクールはまだまだ12月まで続きます。
ますまず自分の腕を磨くように、そしてステップアップを目指してがんばってほしいですね。
posted by 鈴鹿サーキット at 2012年09月24日 16:30 | SRS-K | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。