2012/06/10鈴鹿サンデーRR決勝!日浦大治朗選手圧巻の走りで3連勝!

鈴鹿サンデーロードレース第3戦決勝
日浦大治朗選手が圧巻の走りで3連勝! 6月10日(日)



昨日屈辱の予選2位、卒業生の日浦大治朗選手が望むインターST600クラス決勝は快晴の暑い午後に行われました。

決勝前でも緊張した表情もなく、笑顔が見れた日浦大治朗選手。
201206010 159.jpg
グリッド紹介でも元気よく大アピール!
201206010 169.jpg
ところが、スタートでPPのライダーの前に出る予定が・・・痛恨のスタートミス、周囲のため息とともに
7位まで後退して1コーナーへ、しかし持ち前の速さを存分に生かして、あっというま2周目にはトップ争いに返り咲き、3周目にはPPトップを疾走するライダーを昨日の屈辱を払拭する豪快な走りでロックオンし、そのままの勢いで抜き去りました。
そのあとは、周回する度に差をどんどん広げ、貫禄のトップチェッカー見事優勝、3連勝です。
まったく危なげない速さを追求した走りで、レースを終えました。
欲を言えば、SRS-Jの仲間が記録したコースレコードを塗り替えてほしかったですが・・・昨日の予選終了後とはうって変わり、いつもの満面の笑みで表彰台に駆け上がってガッツポーズ!
201206010 183.jpg
それでも、自分が順位を上げるときに抜いた3位のライダーにもちゃんと一言お断りをする気遣いをみせたり、スポンサーさんに見せる気遣いはさすがです。
17歳の高校生ライダーですが、しっかりとトップライダーの道を一歩一歩上っているようです。
posted by 鈴鹿サーキット at 2012年06月10日 18:50 | SRS-J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/06/10SRS-Kスクール1日目 6月9日 国際南コース

SRS-Kスクール1日目 6月9日 国際南コース

SRS-Kスクール初日
天気は残念ながら雨模様、強い雨ではありませんが、昨夜から振り続けているためにコース上も、あちらこちらで水溜りができていて、コンディションはあまりいい状況ではありません。
20120609 004.jpg
生徒は、いつもどおり集合時間より早めに集合して走行準備。
一年生も、継続生に交じって準備を進めますが、レインタイヤの履き替えやら今までやったことがない作業も沢山で、講師や先輩に手伝ってもらいながらも大変忙しそうにしていました。
20120609 012.jpg

20120609 015.jpg

継続生はちゃくちゃくと準備をすすめています、走行前に準備が終わっている生徒のピットに行ってふと気がついたのが以前まで工具をぐちゃぐちゃにしていた継続生のひとり、今はキレイに使いやすいように並べていました。
そうかと思うと隣のピットは、工具箱にぐちゃぐちゃにつめられています。
どこに何があるか判っていると作業もスムーズにできるはず、こういった改善はおおいにほめられるところです。
20120609 005.jpg

20120609 022.jpg
よく、メカニック講師が使用する工具箱から、工具を借りてそのまま自分の工具箱にしまってしまう生徒がいて、結局自分の工具か講師の工具かも区別がつかず、捜索するのが非常に大変そうな場面を見かけます。

整理整頓作業は、今現在若干一名が取り組んでいるようですので、ほかの生徒も最終的には効率よく作業ができるというのを知ってもらいたいですね。

今日は一年生も5名でフリー走行と計測走行をおこない、セット走行
20120609 045.jpg
継続生もおなじく8名でセット走行を行いました。
20120609 030.jpg

20120609 034.jpg
しかし、雨がずっと降り続いている関係で、コース脇の泥が流出、少しでもコースアウトしそうなものなら、見るも無残な泥だらけ、生徒一人は前も見えなくなり途中でピットに戻っているような事態にまでなってしまいました。
20120609 044.jpg

20120609 042.jpg
ここまでの悪いコンディションはあまりみることもありません。
そんな酷い状況ではありましたが、今日は一年生ではセット走行で、初の一番チェッカーを受けた生徒が、遠くからちっちゃくガッツポーズ!
20120609 054.jpg
継続生もよく、まるで公式戦のように喜んでいる姿を見ますが、負けず嫌いが集まってきているSRS-Kやっぱりうれしいのですね?
その喜びをさらに貪欲につなげてほしいと思います。

20120609 117.jpg
昼食後には、ようやく雨もあがり、継続生はひさしぶりのニュータイヤ交換作業をしました。
ホイールからタイヤをはずしてニュータイヤのにはめる作業です。
20120609 129.jpg

20120609 128.jpg
昨年はまったくできなかった生徒がさっさと作業を終わらせていたり、相変わらず苦戦している生徒がいたりやり方も格好も千差万別でみていて面白いこの作業、作業が終わると自分の手の長さよりはるかに長い4本のタイヤを無理やり一回で運ぼうとする姿、中には自分のピットまで到着できずタイヤがころころ転がっている生徒もいます。
20120609 115.jpg
一年生がこの作業に取り掛かる前には、全員できるようになるといいのですが・


posted by 鈴鹿サーキット at 2012年06月10日 14:07 | SRS-K | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。