2012/05/28塚越広大選手 完璧なレースでフォーミュラニッポン初優勝!

塚越広大選手フォーミュラニッポン第3戦 完璧なレースでフォーミュラ・ニッポン初優勝! 
5月27日(日)オートポリス


fn120527001H.jpg

決勝を迎えた、全日本選手権フォーミュラニッポン第3戦 
昨日他をよせつけない速さでポールポジションを獲得したSRS-F卒業生の塚越広大選手が、集中したスタートをしっかり決めて一度もトップを譲ることなく、完璧なレース展開で見事初優勝を果たしました。
フォーミュラニッポンデビューから4シーズン目に入り3戦目、今年の開幕戦鈴鹿大会もそうでしたが、本当にいつもいつも惜しいところで勝利を逃し、悔しい思いを沢山してきた日々、念願の勝利とあってつもる思いも沢山あったようです。
fn120527006H.jpg

fn120527005H.jpg

まだ3戦目を終わったところですが、これでシリーズランキングもトップに浮上。
このまま、突っ走ってほしいものです。
塚越広大選手優勝おめでとうございます!!

また、塚越広大選手と同じチームに所属する、SRS-F卒業生の伊沢拓也選手も今シーズンは開幕からポールポジションを獲得するなど、安定した速さを魅せています。
このレースも予選こそ4番手でしたが、定評のあるスタートを完璧に決めて一揆に2番手に浮上。
前を行く塚越広大選手を必死で追い詰めるも、一歩およばずでしたが、素晴らしい走りで2位表彰台を獲得しました。
これからも2名のドライバーの活躍が楽しみです。
fn120527008H.jpg

詳しいコメントなどはHondaモータースポーツサイトをご覧ください。
http://www.honda.co.jp/FN/race2012/rd03/report/

フォーミュラニッポン公式サイト
http://f-nippon.co.jp/fnap/app/NList_h.dll
posted by 鈴鹿サーキット at 2012年05月28日 18:10 | SRS-F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/05/28SRS-Kスクール2日目 5月27日(日)国際南コース

SRS-Kスクール2日目 5月27日(日)国際南コース

SRS-Kスクールも2日目、朝予定より早く来ている継続生たちは、走行準備をさくさく済ませて、余裕で走行時間を待っているように見受けられましたが、一年生の作業を手伝ったところ以外と走行にむけてのセッティングができない生徒がいる事が発覚。
20120527 004.jpg
改めて、講師から一年生と一緒に指導をうけたそうで、講師がショックを隠しきれません。
ただ時間に余裕をもって来ていたために、時間に押されることなく準備は終了していました。
また、昨日の「とにかく今すぐはじめよう」と教えられた体力トレーニング講話のお陰もあり、積極的に国際南コースをランニングしていました。

走行は一年生からスタート。
20120527 006.jpg
コースクリアの合図が待ちきれない状況で、シグナルが青になったとたん5名の生徒たちは、コースイン!
昨日のシェイクダウンよりも更に新しい車両になれてきた様子で、ラップタイムもどんどんあげてきています。
タイムも継続生たちと変わらない生徒もでてきて、これは本当に先輩たちはお尻に火をつけた状態でがんばってもらわないといけません。
走行終了後も、自分たちでタイヤの圧をさっさと計測してノートに記入、書き終わったらカートみんなで協力して台に載せてしまう。
20120527 027.jpg

20120527 026.jpg
といった基本的な行動が、よくできています。
一年生の走行が終わると継続生、こちらもタイムアップを計って切磋琢磨しています。

午後になると、一年生は初めてのスタート練習も経験
レーシングカート特有のローリングスタートを5名で隊列を組んで行いましたが、既に公式レース経験がある生徒がしっかり先頭をひっぱる形で、まずまずのスタートをしていました。
20120527 035.jpg

20120527 039.jpg

これで走行とタイムが安定してくれば、継続生たちと同時に走行も可能です。
今年はその時期がいつもより早くきそうですね。
走行が終わったあとは小さい体全部使って100kg近いカートを自分のピットまで押してます。
20120527 042.jpg

20120527 119.jpg

継続生たちは、計測走行を午前と午後に行い、公式レースにでている3名が僅差で争っています。
2日間の集大成で行った16周のセット走行もとてもよい攻防を繰り広げていました。
20120527 040.jpg

一年生はそんな先輩たちの走行を見学中
20120527 051.jpg

20120527 054.jpg
走行講師もドライで体重差が大きく響くコンディションの中、必死で生徒の前に出ようとしますが、明らかに大変厳しい状況、それでもトップ3といい走行をしてもらいました。
最後にトップチェッカーを受けたのは、2年目の生徒!
まるで公式レースのように勝利を喜んでいました。
20120527 057.jpg
こういったひとつひとつの積み重ねが次のレースで生かされると思います。
遅れをとっている同期の生徒たちも、必死に取り組んでほしいですね、次のスクールは6月に入ってまたすぐやってきます。
20120527 028.jpg

20120527 116.jpg

posted by 鈴鹿サーキット at 2012年05月28日 16:46 | SRS-K | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/05/28SRS-Jスクール2日目 5月27日(日)国際南コース

SRS-Jスクール2日目 5月27日(日)国際南コース

2日目もすっかり夏の陽気、日差しも強くて日焼けは必須の気候です。
20120527 005.jpg
SRS-Jの生徒たちは、昨日よりも早い時間に集合して、1時間ほど昨日の反省もふまえ走行前のミーティングを行い、準備体操、走行準備をすすめて走行開始。
今回菊池講師が車載カメラを持参し、午前中の走行セッションを録画、お昼のインターバルでは全員食事をしながら映像を一生懸命見る姿がありました。
20120527 012.jpg
近年、このような映像で見て学ぶことができるようになり、各スクール講師の方々が工夫してカリキュラムに取り入れてくださっています。
生徒たちはより理解しやすく、学びやすい環境におかれていますのでますます成長が楽しみです。

今日は、走行カリキュラムの中に急制動を集中して練習する時間を設け、
一人一人、個別に走行をスタートし、1コーナー手前に置かれたパイロンを目安にブレーキング、講師はその先でアドバイスをする形でじっくり練習を行いました。
今までは、国際南コースを走行するのに一生懸命でしたが、このようなポイントを絞った練習で自分の走行の弱点を発見した生徒も多かったようです。
20120527 013.jpg

20120527 023.jpg

20120527 025.jpg

20120527 032.jpg

20120527 059.jpg


その後またグループ別でのフリー走行になり、今までのベストタイムを更新する生徒も多くなってきました。
午後最後のフリー走行では、普段はパドック内の入場をお断りしているSRS-J生徒の保護者の皆様を、菊池講師が見学会として、コース内に招きいれ、生徒たちの走行を見学しながら、SRS-Jの取り組みや生徒たちの現状を保護者の皆様にお伝えしました。
生徒の第一のスポンサーは保護者の皆様であり、普段から送り迎えをしたりと大変なサポートを受けて受講している生徒たち、保護者の皆様は、パドック外からでは判らないことも多くあったと思います。
昨年、講師の皆様とSRSスタッフとの話し合いで、保護者の皆様の不安を取り除くためにも距離を縮めてみましょう。と新しい試みとして始められました。
参加された保護者の皆様、またご意見ありましたらお聞かせいただければと思います。
20120527 063.jpg

20120527 068.jpg

20120527 098.jpg

20120527 101.jpg

20120527 113.jpg

2日間の集大成であった最後のフリー走行は、生徒のほとんどがベストタイムを更新
講師からの課題であった、走行終わりにタイムをあげていけるか?を達成できた生徒も多くいました。
20120527 117.jpg

中には高いレベルで、同じ内容のタイムを刻んでいる生徒もおり、とても収穫の多き2日間でした。
20120527 126.jpg

20120527 130.jpg
posted by 鈴鹿サーキット at 2012年05月28日 11:37 | SRS-J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。