2012/05/202012 CIK-FIA セレモニーSRS-K受講生を紹介しました。 5月20日

2012 CIK-FIA セレモニーSRS-K受講生を紹介しました。 5月20日

年に1度のCIK-FIAワールドカップカートの選手紹介セレモニーの中で、今回は2年ぶりにSRSーK生徒の紹介を行いました。
20120520 009.jpg
本来はデモ走行という形で参加し、新一年生を含め初の全員参加で走り始めをしたいところでしたが、
今回は時間の都合もあり、紹介のみとなりましたが、それでも9名の生徒が遠方からこのために来場してくれ、SRS-K講師の道上龍専任講師もご自分のチーム監督業務とは別に参加しSRSのピーアールをしてくれて、ワールドカップカートを観戦にきたお客様によいピーアールになりました。
20120520 023.jpg

道上龍専任講師、SRS-K生徒の皆さん、ありがとうございました。


posted by 鈴鹿サーキット at 2012年05月20日 19:25 | SRS-K | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/05/20第3回 SRS-Fアドバンス 2日目 5月16日フルコース

第3回 SRS-Fアドバンス 2日目 フルコース 5月16日

昨日の雨とはうってかわり、2日目はすっかり晴天のよい朝を迎えました。
早朝、生徒にとっては待望の?初フルコースランニングです。
20120516 010.jpg
今日は、今回講師で来場している山西康司講師と中山友貴講師が自ら参加し生徒たちのペースメーカーをかって出てくれました。
初めてのロングランゆえに、中山講師はかなりゆっくりペースでスタート。
途中、通常ペースに戻しつつもついてこれた生徒は若干1名、速さをきそうわけではありませんが、例年に比べるとかなりゆっくり戻ってきてました。
20120516 036.jpg

20120516 051.jpg

20120516 054.jpg
無事全員走りきり、休憩や朝食をとったあと、ミーティングを行っての走行開始。

ランニングと同じく、初めてのフルコースの走行となります。
今日は、佐藤浩二主任講師と山西康司講師が外から走行をみて指導、塚越広大選手と中山友貴選手が生徒と一緒に走行、午前最初の走行は2名の講師に先導走行を希望する生徒も多く、2名とも忙しそうにしつつ、自分たちも普段乗っている物とまったく異なったスクールカーの攻略に、生徒以上に一生懸命走っていました。
毎回、トップドライバーの卒業生がくるたびに、急なスクールカーへの乗り換えに苦労している様子。
最新技術が盛り込まれたトップカテゴリーのレーシングカーに比べると、スクールカーはとてもオーソドックスで自分のもっている技量でコンマ1、コンマ2を削らなくてはならないので、逆に非常に難しいらしいです。トップスピードも100km/h近く違い、加速もゆっくり、何はともあれ挙動が大きくドライブする方はとても怖いようです。
それでも、生徒より遅く走る訳にはプロのレーシングドライバーとしていきませんしプライドも許しませんので、2名とも必死な訳です。
そんな状況でもまんべんなく生徒に細かなアドバイスをしていました。

生徒8名は千差万別、西コースでは中ほどポジションを走行していた生徒が例年どおり、東コースの走行で調子を上げて、そのよい流れでフルコースを走行しはじめて講師陣を驚かせたり、上位を走行しているもののなかなかトップまでには追いつかず思い悩んでいる生徒もいたり、3回目にしてなかなかタイムがあがってこない生徒は「走り方が間違ってました」と改めて仕切りなおしていたりと、第3回のアドバンススクール、残り2回を残してそれぞれ動きが出てきました。
20120516 076.jpg

20120516 185.jpg

昼食休憩では、今年から導入している動画を利用し、午前中トップタイムの塚越講師の走行を全員で検証。
20120516 135.jpg

休憩後は、2本の計測走行
ここでも2名の講師がワンツー
20120516 122.jpg
その後は、初めてのグリッドスタートを経験。
20120516 145.jpg

20120516 152.jpg
昨日まではピットスタートやローリングスタートを行っていましたので、今日のスタートうまくできずにがっくりしている生徒もいました。
そして17周のセットアップ走行、朝からめちゃめちゃ真剣に取り組んでいる塚越講師が苦労の末、貫禄の(なんとか?)ポールツーウィンとファステストの完全走行で締めてくれました。
20120516 182.jpg

20120516 174.jpg
大きく差をつけられた2位以下の生徒たち、落ち込んでいる暇は1分もありません。
残り2回後悔のないように、全員が上昇して講師を打ち負かす気持ちで必死で取り組んでください。
posted by 鈴鹿サーキット at 2012年05月20日 09:32 | SRS-F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。