2011/12/09SRS-Fベーシックスクール 後半 2日目

SRS-Fベーシックスクール 後半 2日目 12月6日 国際南コース

2日目の国際南コース
12月ですが、例年に比べると暖かな陽気の朝をむかえ、生徒全員元気に集合しました。
午後から天候は崩れるとの予報でしたので、お昼休みを短くしてカリキュラムを進めることにしました。
20111206 006.jpg

20111206 002.jpg

今回の生徒は来年度の選抜を見据えている生徒が多いために、おとなしいながらも積極的な姿勢があちらこちらで見られます。
朝も集合時間より随分前に来場し、ロガーデータで講師に分析してもらいながら指導を受けています。
20111206 023.jpg

普段から指導していただいている佐藤浩二主任講師は勿論のこと、久しぶりの講師となった金石年弘専任講師にも、初めて会う生徒がほとんどでしたがアドバイスをうけにいっている姿が見受けられました。
彼らのこれから目指すところを考えると、講師に教えを受けにいくのは当たり前のことかもしれませんが、客観的に見ていると、まったく知らないしかも相手は一線のトップドライバーとなれば、話かけることでさえなかなか勇気のいることかと思ってしまいます。
生徒たちを見ていると、やはり性格もでて物怖じせずに聞きにいける人と、そうでない人がいる様子
とは言え、折角遠方からはるばる鈴鹿サーキットにきて、高い料金を支払って参加しているスクールですからまだまだ、もっともっと講師を使って自分のスキルアップを進めてほしいです!
20111206 016.jpg

2日目は、午前中走り始めにストップアンドゴーで基本操作の確認をした後、フリー走行をおこない、その間、佐藤浩二主任講師は全員の追尾・先導走行をおこなって走行が終わるたびに生徒に声をかけて直接指導していました。
20111206 075.jpg

20111206 038.jpg

生徒たちも少しでも上手くなろうと、全員が時間があくと自分たちでロガーデータをみたり、コースに行って講師と一緒に他の走行を見たりと休む時間なく動きまわり、あと2か月をきった選抜にむけて頑張ってるいる姿を見せてくれました。
20111206 115.jpg


その甲斐あってか、初めて参加した生徒は昨日よりも図分と進歩をみせ、また1月の選抜から引き続き受講している生徒たちも着実に向上している生徒もいたり、と伸びしろはさまざまですが、それぞれ成長しているようです。
まさに「努力に勝るものはなし」
全てのカリキュラムの終了後に、佐藤浩二主任講師からは丁寧にひとりずつアドバイスが送られ解散。
20111206 124.jpg

20111206 125.jpg

選抜を目指している生徒の皆さんは時間がありませんが、それぞれが精一杯努力して来年のスカラシップ獲得にむけて進んでほしいと思います。
元気な姿でまた来年さらに成長しているところを見せて欲しいですね。
20111206 112.jpg


posted by 鈴鹿サーキット at 2011年12月09日 11:54 | SRS-F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。