2011/12/26SRS-Kスクール 最終回 卒業記念走行

strong>SRS-Kスクール 最終回 卒業記念走行 12月23日 国際南コース

SRS-Kのスクールもいよいよ、2011年度の集大成
卒業記念走行を残すのみとなりました。
まずは講師そろっての記念撮影が行われました。
20111223 007.jpg

最終日は中嶋悟校長もかけつけ、朝から生徒ひとりひとりに声をかけてくださいました。
20111223 036.jpg

20111223 019.jpg

ところが、朝から微妙なハーフウエットコンディション。
これには、慌ててスリックタイヤからレインタイヤに履き替える生徒たち、余裕をもって準備してあとは走行のみと思っていたら、なかなかそうは行きません。
走行開始時間も30分前倒しになっており、結局最後の最後までバタバタして走行が始まりました。

SRS-Kは公式戦の流れと同様
予選走行からスタート!
まだ雨が残り、すべる路面ではウエットタイヤでも走行するのが相当辛そうな状況でしたが、そんな中さすがに体重差が無くなる路面では走行に加わった、中野信治講師が生徒のトップより1秒5も速いトップタイムを出し、その次に脇阪薫一講師がつづきさすが講師と思わせる走行を見せてくれました。
SRS-Jのフリー走行後、引き続き行われた予選ヒートでも脅威のタイムをたたき出したのは中野講師その5秒遅れで脇阪講師、生徒という順になりました。
生徒では今年入校した柿本くんが脇阪講師に遅れることわずかでトップタイム、4年目の新田くんが2番手、そして1年目でSRS-Kに入校するまでまったくカート経験がない磯部くんが3番手につけていよいよ16周のセット走行がスタート。

srsk1223_038.jpg
セット走行の時間になると、ようやく雨もあがり路面も渇き気味
そうなると、講師2名はとても不利、と判っていても講師2名はスタートから果敢にチャレンジ!!
生徒との攻防にフェアに戦いぬきました、結果は昨年のスクールから飛躍的に強くなり技術も講師の皆さんがまんべんなく評価している新田悠森くん、ベストタイムは5番手ほどですが技量でカバーし見事優勝!
そして、磯部文洋くんがラストラップにファステストのおまけを付けて2位としっかり結果を残しました。
3位には生徒に負けて悔しい中野信治講師(賞典外)となり、続いて3年目の齊藤洋輝くんがチェッカーを受けました。
srsk1223_143.jpg

2011年のスクールカリキュラムは全て修了し、最後のミーティングでは中嶋悟校長より表彰とともにひとりずつアドバイスがおくられ締めくくりました。
20111223 174.jpg



posted by 鈴鹿サーキット at 2011年12月26日 14:39 | SRS-K | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/12/26SRS-Jスクール 最終日 卒業記念走行

SRS-Jスクール 最終日 卒業記念走行 12月23日 国際南コースついに2011年度のSRS-Jスクール最終回、最終日となりました。
ところが、昨日までの2日間はとてもいい天気に恵まれていたのに昨夜から雨が降り出し、明け方には弱い雨になりましたが、微妙に小雨が残る最悪のコンディション。
しかも、気温は昨日から-5度以上下がり、この3日間で一番の寒い朝になりました。
そんな寒い寒い最終日になりましたが、生徒のご父兄も早朝から国際南コースにご来場いただきました。
SRS-Jには2日前から参加してくれている卒業生、津田拓也選手、山本と藤井謙汰選手に加え、今年全日本ロードレース選手権にデビューした渥美心選手と佐野優人選手もそろって参加、またおなじく卒業生の森脇尚護さん、田原啓至さん、小島一浩選手も後輩の走りを観戦に来場、その他にもMotoGP、Moto2クラスに参戦している高橋裕紀選手もスペシャルゲストで来場と豪華な観戦者を向かえ、とてもにぎやかです。
20111223 112.jpg

20111223 146.jpg

今回は卒業記念走行とともに、藤井謙汰選手、渥美心選手、佐野優人選手の今年全日本ロードレース選手権J-GP3参戦組は3名独自にNSF100の選手権をするらしく、本職のJ-GP3ではチャンピオンを獲得した藤井謙汰選手ですが、NSF100ではスクール時代から勝利することがなく、それだけが心残りだったために、ここでしっかり勝って日本にお土産を残さないようにと心に決めて参加していました。
20111223 057.jpg

講師と卒業生、生徒を含む本来の卒業記念走行は、朝から微妙に降る小雨の影響でとても難しいハーフウェット状態、最初のフリー走行から走行には重々気をつけるようにとお言葉がありましたが、やはり何台か転倒がありました、あまりのすべり具合に卒業生の面々も「これはかなり危ないです。ものすごく慎重に走っていますよ!」とお手上げ状態でした。
20111223 048.jpg

その後もコンディションが良くなることはなく、そのまま30分のタイムトライアルを行いましたが、そんな悪条件でも、昨日コースレコードをぬりかえた佐野勝人くんがポールポジションを獲得。
もはや国際南コースでは敵なし?
ノリノリの様子です。
srsj1223_050.jpg

2番手には大内田拓くんとアドバンス生が並び、菊池専任講師を間にはさんでベーシック2年目の中川楓くんがつづき、1年目の榎戸育寛くんが5番手と続き、いよいよ卒業記念走行がスタート!!
現役全日本ライダーでもあり専任講師の意地でロケットスタートを決めた菊池講師がホールショットを奪い、生徒や元生徒とのガチンコ勝負を制し、トップチェッカー!
2番手に今年も講師を抜けず悔しさ爆発の佐野勝人くん、ただ講師は賞典外ですので優勝扱いで昨年に続き、卒業記念走行を2連覇で終えました。
続いて、卒業生の津田拓也選手(2011年度全日本ロードレース選手権ST600クラス参戦)がファステストをラスト1周で記録し3位となりました。
srsj1223_144.jpg

賞典外の講師と卒業生をはずすと、生徒としては2位に大内田拓くん、そして中島元気くんが3位として表彰されました。
srsj1223_153.jpg

また、NSF100グランプリの方は、予選順位は藤井謙汰選手、佐野優人選手、渥美心選手、スタートで大きく出遅れた渥美心選手をおいて、佐野優人選手が藤井謙汰選手をパスしトップにでるも、怒涛の追い上げを見せた、渥美心選手が藤井謙汰選手を途中パスしたあと、ラスト1周で佐野優人選手を抜き去り、優勝となりました。
普段は派手なパフォーマンスは見せない渥美心選手ですが、よっぽど嬉しかったらしく大きくガッツポーズ!
20111223 170.jpg

藤井謙汰選手はガックリ
20111223 171.jpg

この3名の卒業生ガチンコ勝負も、来場者をおおいに沸かせて卒業記念走行に華を添えました。
20111223 191.jpg








posted by 鈴鹿サーキット at 2011年12月26日 10:13 | SRS-J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/12/24SRS-Kスクール 最終回 2日目

SRS-Kスクール 最終回 2日目 12月22日 国際南コース

SRS-K2日目のスクール
昨日を終えて、講師の皆さんが口々に「この最終回にきてようやく生徒一人一人が貪欲にタイムを削ろう、もう少し!という気持ちが出てきている、もう少しこの状況が早くくればいいんだけど、これで終わるなんて」と残り一回で終わりとなるスクール、このままで終わってはもったいないという言葉が多く聞かれました。
20111222 035.jpg

20111222 003.jpg

20111222 021.jpg
今日から、脇阪講師、西嶋講師、菱田講師が参加し、走行面でもメカニック指導も昨日よりも更にパワーアップした講師陣営
脇阪講師は生徒たちと一緒に走行しながら、個別に何人かの生徒のペースに併せて同走を繰り返し行っており、最後のミーティングでは同走していたのに気がついたかどうかを生徒たちに問い、気がついていた生徒には、気がついているのに僕の走りはどうですか?と聞いてきた生徒は一人もいませんそういうところが勿体ないとは思わないの?と改めて貪欲さが見られない生徒たちをさとしていました。

生徒たちにはこの2011年度のスクールを受講してよかったことや出来たこと、出来なかったことをアンケートで尋ねましたが、生徒のほとんどが出来なかった事に「講師へ聞きたいことが聞けなかった、」「講師に質問ができなかったことが反省」と記載していました。
自覚があるのに、本当に勿体ない話です。

午前中は、昨日から履いているタイヤで思いっきり走り、午後からはニュータイヤに履き替え作業
あんなに、この作業が一番いやだ!となえいでいた生徒たちが今では黙々と作業をすすめています。
20111222 045.jpg

20111222 064.jpg

20111222 066.jpg

午後からはタイムトライアルを行い、その後セット走行を行いました。
今日は、中野講師と脇阪講師が走行に加わりましたが、講師のお二人も本当に真剣モードで必死にセッティングを行っていました。
PPは中野講師が気合で獲得!
しかし周回を重ねるセット走行では、生徒にかわされまたまた悔しい2日目になりました。
20111222 139.jpg

20111222 151.jpg


今日生徒の走行を一緒に走りながら確認した、脇阪講師ですが生徒一人のドライビングポジションが合っていないのでは?と走行後の片付け中に、西嶋講師、菱田講師と3名がかりでポジション直しにとりかかりました。
20111222 238.jpg

本来でしたら成長にあわせて自分で気がつき自分で言うべきことですが、随分としっくりしたポジションに修正されたようで明日の最後の走行にも変化がでるといいですね。


posted by 鈴鹿サーキット at 2011年12月24日 16:43 | SRS-K | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。